ホーム » 売却の基礎知識 » 

車売却時の純正パーツの重要性!

読了までの目安時間:約 3分

 

車をある程度の期間乗りつづける、ちょっとイメージチェンジしたくなることがあります。そんな時純正パーツに比べて格好のいい社外品に取り換える人が多いようです。

小さなパーツであれば別ですが、ホイール等だと取り外した純正パーツの置き場に困りますね。いっそ利用しないで放置しておくなら、いっそ引き取ってもらおうと考える方も少なくないでしょう。

 

しかし純正パーツは車を売却時に非常に重要なんです。

 

純正パーツは買取額を左右する

下取にしても買取にしても、純正パーツが付いていることを前提にして買取価格が決められています。

 

社外品が付いているからといえ、純正パーツがなければ値段が下がることはあっても上がることはまずありません。

それが有名メーカーのホイールであっても、スチールホイールを高価なアルミに替えても同じ話です。

 

社外品よりも純正パーツが評価される理由は2つ。

 

まず開発経緯などの事を考えればすぐにわかると思いますが、純正パーツはその車のために作られたパーツです。

ですから基本的に不備や不調が生じることは非常に少ないです。

しかし社外品の場合、そうではありません。

ホイールを社外品に替えた途端車のバランスがおかしくなったという例は少なくありません。

特に極端なインチアップはサスペンション系に不要な負担を賭けていることが多いため、更に査定価格上不利になります。

 

また買取業者が購入した車を次に売らなければなりません。社外品パーツはどうしても人を選びます。

もちろん趣味が合う人には評価されるんでしょうが、そうでない人のほうが圧倒的に多いので、純正パーツのほうが評価されます。

 

こういった理由から、社外品パーツに付け替えた際は、できるだけ純正パーツを残しておくことをお勧めします。

もし社外品を使っていて調子が悪いようであれば元に戻すこともできますし、売却の際にも付け替えの必要はありますが、売却価格は有利です。

車の売却後のキャンセルについて

読了までの目安時間:約 2分

 

車を売ると決めた後キャンセルをしたくなった場合は結構車売却時のあるあるです。

「他の会社のほうが査定が高かった」「やっぱりもう少し乗りたくなった」などなど理由は様々あると思います。

 

査定を取った時点ではキャンセルすることはできます。売却契約前であればまったく問題ありません。

問題は売却契約を交わした後のキャンセルですよね。

 

売却契約後のキャンセルは、基本的には可能です。

ただ売却キャンセルができるかどうかは業者やタイミングによって異なります。

 

契約直後であればまだキャンセルができる可能性が高いですが、既に車自体が引き取られてしまったということになると、車を移動するために必要になった費用をキャンセル料として請求されることが多いでしょう。

 

また車が既に展示されていて販売の準備に入っているという段階になると、キャンセルが難しいケースも出てきます。
ましてやすでに買い手がついているということになってくると、残念ながらキャンセルはもうできないと言われてしまう可能性が高いと言わざるを得ません。
ただもしも買取業者側の不備、例えば告知するべきことをこちらに伝えなかった場合や無断で買取価格から諸経費などを差し引いたなどの事情があるのならば、それは買取業者側の落ち度があったわけですから売り手の都合でキャンセルすることは可能でしょう。

 

しかしその場合であってもすでに車が引き取られているということになると弁護士などの力を借りなくては車を取り戻すことができないケースもあります。
そのため車を売却する際にはさまざまな条件を細かく確認し、間違いなく納得が出来た時に初めて契約書にサインすることを心がけてください。

車売却時の自動車の税金の還付について

読了までの目安時間:約 2分

 

「支払っている税金は売却時に還付されるのか」気になっている方も多い売却時の税金の取り扱い。

やっぱり還付されるのであればしっかりもらっておきたいですよね。

 

車を売却するときには、税金の還付金は基本的にはあります。

 

車買取業者によって、還付金が別途支払われる場合もありますし、査定額の中に含まれることもあります。

ですから、税金の還付金がまだ多く残っている場合には特に還付金が含まれた査定額なのか否かは確認しておきましょう。

 

自動車税は、1年分をまとめて納税していますから、還付金は月割になるために4月から翌3月まで支払っていることになります。

 

納税した金額は、1.0L以下は29,500円、1.0L超え~1.5L以下は34,500円、1.5L超え~2.0L以下は39,500円、2.0L超え~2.5L以下は45,000円とう感じで支払っているはずです。

 

例えば、5月や6月など納税してからすぐに車を売却した際には、納税した金額が多く残っていることになります。

 

仮に廃車にする場合でも、還付金は受ける事ができますので、業者からの説明が無いときには必ず確認しましょう。

 

新しい車を購入する費用などが必要になってくるときに、少しでもお金を無駄にしないためには、還付金もかなり大きな金額になることもあります。売却の意思が固まっているなら、還付金が多いタイミングで早めに動いたほうが得策ですね。

ローンが残っている車の売却方法

読了までの目安時間:約 3分

 

車のローンがまだ残っているのに、違う車に乗り換えたくなった場合どうすればいいのでしょうか。

 

その車は売ることができるのでしょうか。結論から言いますと、可能です。

 

まずは、ローンの加入先が銀行などの「金融機関」か、「信販会社」なのかをチェックしましょう。それによって方法が変わってきます。

 

車には所有権があり、売却する際には所有権が自分である必要があります。

車検証に、所有者の氏名か、名称が記されているので確認してみましょう。

 

銀行などの金融機関が借入先の場合、名義は購入時から購入者様になります。この場合ローンが残っていても特別な手続きがなくても売却できます。

 

ですが、信販会社が借入先の場合、所有権は信販会社にあります。その場合、ローンを完済して所有権を信販会社などから自分に変更する手続きをすれば売却できます。ですが、ローンを完済するためのお金がなくて、売れない…そんなお悩みをお持ちの方も多いはず。

 

そんな時は「中古買取専門店」を利用します。中古買取専門店には、ローンが残っていてもスムーズに売却できる便利なサポートが用意されているのです。まず、ローン残債サービスです。ローンが残っている車を売却し、残債額を上回る額の場合、買取専門店が一括返済をし、残ったお金が手元に支払われるサービスです。

 

また、売却した額が残債額を下回る場合、不足分を買取専門店に支払います。それができない場合でも、買取専門店で新たにローンを組むことができるのです。また、ほとんどの大手買取店では、面倒で厄介な手続きなどを代わってしてくれる「手続き代行サービス」を無料で実施している場合が多いので、めんどくさいことは一切なしで車を売却できるのです。

 

このように、所有権が自分にないローン返済中の車でも中古買取専門店では売却のサポートをしてくれるので、手間なく売却ができるのです。売却を考えている方は一度相談してみてはいかがですか。

最近の投稿
カテゴリー