ホーム » 車のマメ知識 » 

中古自動車査定士が利用する赤本とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

車の査定は中古自動車査定士技能検定に合格した中古自動車査定士(または中古車査定士)が行っています。

この検定は日本自動車査定協会が実施しており、合格すると中古自動車査定士としの資格を得て各買取店や販売店に従事することとなります。

 

いってしまえばこの中古自動車査定士は査定のプロ。

ではそんな査定のプロが持っている赤本を皆さんご存知でしょうか?

 

赤本は中古自動車査定士

自動車買取店のスタッフは、査定を行う際には「赤本」を参照することがあります。

赤本はもちろん通称で、有限会社オートガイドが発行している『Redbook』と呼ばれる自動車価格月報のことを指してこのように呼ばれています。

 

Redbookは1958(昭和33)年に創刊して以来、半世紀以上にわたって多くの自動車業界関係者に愛用されています。

この書籍には、国内外で販売されている自動車の仕様、型式、新車販売価格、中古車小売価格、下取価格、卸売価格の情報が車種ごとに羅列されており、調べるだけで簡単に価格相場を知ることができます。

過去の価格相場も調べることができ、現行の販売車種については車種に応じて最大で10年前まで遡って調べることが可能です。

 

現在は「国産乗用車」「商用車」「軽自動車・二輪車」「輸入自動車」の4つのカテゴリーに分けて発行されています。

発行は国産乗用車の分については毎月発行されていますが、その他のカテゴリーの分は隔月発行となっています。

また、赤本は書店に卸されていないため一般の書籍のように購入することはできません。

注文方法はオートガイドのホームページにある購入申込書を印刷し、必要事項を記入後FAXで送信する方法か、電話で問い合わる方法のいずれかのみとなっているので注意が必要です。

値落ちが少ないメーカーと車種はこれ!

読了までの目安時間:約 4分

 

中古車の中には売却額の値落ちが少ない車種があります。

管理人も気になったので、値落ちが少ない中古車を知りたくて調べてみました。 値落ちしない車種を知っておけば、購入も売却するときにも役立ちますよね。

 

値が落ちにくいメーカーは?

トヨタ車は値落ちが少ないということで広く認識されているみたいですね。

 

「もともと価格が高いトヨタ車なので売るときも高いのは当たり前」 という声もあるようですが、一般的には値段が落ちにくいと思っている人が多いことが分かりました。

トヨタ車の中でもランドクルーザー、ハイエース、アルファード、ヴェルファイアなどの車種は特に値段が落ちにくいようです。

 

値落ちしにくい車種にはどのような共通点は?

まず人気車種であることです。 言い換えるなら、不人気な車種は値下がりしやすいということでもあります。

 

そして値落ちは「色」によっても差が出ます。

基本的に黒か白、次いでグレーやシルバーなどの定番色が値落ちが非常に少ないカラーです。

 

そして何と言っても値段が下がりにくいのは軽自動車です。

軽自動車は購入時の価格と売るときの価格を照らし合せてみても普通車よりも値落ちが少ない車といえます。

 

維持費が安い軽自動車は、いつの時代も需要が高いということなのでしょうね。

 

さて、ここまで値落ちの少ない車ということで書いてきましたが、たしかに、どうせ買うなら値落ちしにくい方に越したことはありませんね。

ですが、かといって、値落ち率のことだけを考えて購入するのもつまらないことですよね。

それでも売却時の値段が落ちにくい車種にこだわるというのであれば、とりあえず人気車種を購入しておけば、間違いなさそうですよ。

 

売却前に自分の愛車の相場を調べるには?

買った時より自分の車がどれだけ値落ちしたか知りたか知りたいという方もおられるでしょう。

一番確実なのは査定を取ってみることです。

 

ただし、そこまではちょっと面倒だという方は「トヨタ下取り参考価格」があります。

トヨタに限らず各メーカーの下取りの価格相場を知ることができます。ただし、あくまでの下取りの参考価格なので買取価格より安く見積もられています。

お試しでという方はという方は、1度利用してみてもいいかもしれません。

トヨタ下取り参考価格情報

 

もう少し詳しく買取価格の相場を知りたいという方は概算価格を知ることができる一括査定サイトを利用してもいいと思います。

査定依頼が前提となりますが、登録後すぐに過去データから導き出した愛車の概算価格を知ることができます。

概算価格を知ることがサイトは「ズバット車買取比較」「かんたん車査定ガイド」です。

査定依頼を出す予定の方は、利用しておきたいサイトですね。

ズバット車買取比較

かんたん車査定ガイド

軽自動車の乗り換えはメリットが豊富!

読了までの目安時間:約 2分

 

普通車には3ナンバーと5ナンバーがあります。車に大きさや排気量によって3ナンバーであるか5ナンバーであるかが決まります。
車を利用していると維持費がかかります。ガソリン代も必要ですが、税金を支払う必要も出てきます。

 

税金は車の大きさによって異なりますが、普通車の場合には1000ccまでの29,500円ですが、排気量が大きくなるに従って税金も増えます。普通車を維持することで家計の負担に感じる場合には軽自動車に乗り変えようと考える人もいるでしょう。

 

軽自動車に乗り換えると維持費はどの程度安くなるのでしょうか。

 

まずなんといっても税金が安い。軽自動車の税金は7200円です。しかも燃費も良いのでガソリン代も安くて済みます。

 

軽自動車は1リットルあたり15キロは走ることが出来るでしょう。ただし、ターボ付きの軽自動車などは多少燃費が悪くなるようですが。

 

普通車で燃費の悪いものになると1リットルあたり7キロや8キロ程度しか走行できない車もありますから。軽自動車のほうが燃費はかなり良いですね。

 

さらに、軽自動車は任意保険料も安くなります。車検も軽自動車のほうが安くなります。総合的に見て軽自動車は普通車に比べて圧倒的に維持費が安くなります。

 

車は以外に維持費がかかるものです。

 

少しでも家計の負担を軽減したい、今以上に車の維持費を安くしたいと思うのであれば軽自動車に乗ることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

今まで普通車に乗っている人であれば、維持費の安さに驚くことでしょう。

最近の投稿
カテゴリー