ホーム » 売却の基礎知識 » 車売却時の自動車の税金の還付について

車売却時の自動車の税金の還付について

読了までの目安時間:約 2分

 

「支払っている税金は売却時に還付されるのか」気になっている方も多い売却時の税金の取り扱い。

やっぱり還付されるのであればしっかりもらっておきたいですよね。

 

車を売却するときには、税金の還付金は基本的にはあります。

 

車買取業者によって、還付金が別途支払われる場合もありますし、査定額の中に含まれることもあります。

ですから、税金の還付金がまだ多く残っている場合には特に還付金が含まれた査定額なのか否かは確認しておきましょう。

 

自動車税は、1年分をまとめて納税していますから、還付金は月割になるために4月から翌3月まで支払っていることになります。

 

納税した金額は、1.0L以下は29,500円、1.0L超え~1.5L以下は34,500円、1.5L超え~2.0L以下は39,500円、2.0L超え~2.5L以下は45,000円とう感じで支払っているはずです。

 

例えば、5月や6月など納税してからすぐに車を売却した際には、納税した金額が多く残っていることになります。

 

仮に廃車にする場合でも、還付金は受ける事ができますので、業者からの説明が無いときには必ず確認しましょう。

 

新しい車を購入する費用などが必要になってくるときに、少しでもお金を無駄にしないためには、還付金もかなり大きな金額になることもあります。売却の意思が固まっているなら、還付金が多いタイミングで早めに動いたほうが得策ですね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー