ホーム » 売却の基礎知識 » 車売却時の純正パーツの重要性!

車売却時の純正パーツの重要性!

読了までの目安時間:約 3分

 

車をある程度の期間乗りつづける、ちょっとイメージチェンジしたくなることがあります。そんな時純正パーツに比べて格好のいい社外品に取り換える人が多いようです。

小さなパーツであれば別ですが、ホイール等だと取り外した純正パーツの置き場に困りますね。いっそ利用しないで放置しておくなら、いっそ引き取ってもらおうと考える方も少なくないでしょう。

 

しかし純正パーツは車を売却時に非常に重要なんです。

 

純正パーツは買取額を左右する

下取にしても買取にしても、純正パーツが付いていることを前提にして買取価格が決められています。

 

社外品が付いているからといえ、純正パーツがなければ値段が下がることはあっても上がることはまずありません。

それが有名メーカーのホイールであっても、スチールホイールを高価なアルミに替えても同じ話です。

 

社外品よりも純正パーツが評価される理由は2つ。

 

まず開発経緯などの事を考えればすぐにわかると思いますが、純正パーツはその車のために作られたパーツです。

ですから基本的に不備や不調が生じることは非常に少ないです。

しかし社外品の場合、そうではありません。

ホイールを社外品に替えた途端車のバランスがおかしくなったという例は少なくありません。

特に極端なインチアップはサスペンション系に不要な負担を賭けていることが多いため、更に査定価格上不利になります。

 

また買取業者が購入した車を次に売らなければなりません。社外品パーツはどうしても人を選びます。

もちろん趣味が合う人には評価されるんでしょうが、そうでない人のほうが圧倒的に多いので、純正パーツのほうが評価されます。

 

こういった理由から、社外品パーツに付け替えた際は、できるだけ純正パーツを残しておくことをお勧めします。

もし社外品を使っていて調子が悪いようであれば元に戻すこともできますし、売却の際にも付け替えの必要はありますが、売却価格は有利です。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー