ホーム » 査定のワンポイント » 車の年式と走行距離は査定にどう影響するか

車の年式と走行距離は査定にどう影響するか

読了までの目安時間:約 4分

 

車の年式や走行距離は、中古車を購入する人にとって気になる点でもありますね。

では逆に車を売る側の立場だった場合、年式や走行距離というのは査定の評価価格にどう影響するものでしょう。

 

車の走行距離について

まず走行距離だけで考えてみた場合、一般的な車の場合5~7万キロを目安に、評価が下がる傾向にあるようですね。

 

ただし、これは一概には言えません。

 

走行距離は3万キロの車は、全然走っていない車と認識されており、5万キロになると多走行車と呼ばれるようになります。

更に10万キロ走っている車は過走行車となります。

 

例えば、購入して10年立っているにも関わらず1万キロしか走っていない車の場合、一見走っていないため査定も期待が持てると思われがちですがそうでもありません。

車は適度に動かさず放置していると、錆やゴムなどに経年劣化が生じるため、思いのほか高値で売れなかったということがよくあります。

 

ですから、査定では年間1万キロ前後走っていることを基準に行われることがほとんどです。

 

また逆に10万キロ以上走っていたからといって買取できないということは今はほとんどありません。

現在のエンジン性能は昔に比べ、非常に向上しています。

ですから、ほとんどの車は20万キロ以上であってもしっかりメンテナンスしていれば、問題なく走ります。

 

日本人の感覚では10万キロと聞くと「10万キロか…」と毛嫌いされがちですが、発展途上国では日本車ブランドということも相まって非常に重要があります。

ですから、走行距離が10万キロであっても海外への輸出などを中心に行っている中古車業者には売ることができれば買取価格にも期待が持てます。

 

 

車の年式について

続いては車の年式について。

 

車の査定は与える影響、これは当たり前のことなんですが、車の年式は新しい方がプラス査定になります。

業者がその車を売るときに、古いものより年式が新しい方が売れるわけですから当然といえますよね。

しかも、その車が人気車種で市場に多く出回っているともなれば、新しいほど高く売れるのは分かります。

 

とはいえ、年式が古い車という理由だけで売却を諦める必要はありません。

年式はもちろん査定の大きなポイントではありますが、実際にクルマを売るときは、走行距離と年式のどちらかだけが、査定の材料になるわけでもなければ、年式と走行距離以外を見ないわけでもないのです。

 

ボディの傷み具合やキズ、内装など、中古車の査定は総合的に決まるので、売れないかもと諦める前に、まずは車買取の一括査定などを利用してみて、ご自分の愛車の価値を調べてみるといいですね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー