ホーム » 査定のワンポイント » 車の「売却」ならオプションもプラスに!

車の「売却」ならオプションもプラスに!

読了までの目安時間:約 3分

 

車を買ってから「魅力的」にしようとアフターパーツやオプションを付けることがあります。

実は下取りでは買取してもらえないこのオプションですが、中古車業者の買取であれば一緒に売却することも可能。

ただし「純正パーツの重要性」でも説明しましたが、純正パーツがあることが条件です。

 

では実際にどんなオプションパーツがプラス査定になるのでしょうか?

 

カーナビはプラス査定になる?

まずオプションパーツとして思い使うのがカーナビではないでしょうか?

最近ではカーナビは純正オプションとして搭載されていますよね。ですから最近の査定では「カーナビはあって当たり前」という認識。

ですから、ない場合は基本的にマイナス評価。

また古すぎるDVDナビなどは、純正品であってもマイナスになることもありませんが、プラスになることもありません。

基本的にプラスになるものは、純正品であれHDDナビであること。最近ではマルチ(TVやオーディオの一体型)であることことが条件となっています。

ただし最新のものは、中古車業者よりも専門の買取業者やネットオークションなどに出品したほうが高額買取してもらえることもしばしば。

 

アルミホイールはプラス査定になる?

続いて多いのがホイール。最近では純正ホイールからアルミホイールに履き替えている方も多いですよね。

基本的に純正ホイールがあれば、ホイールはプラスになります。

特にWORKのような老舗メーカーややBBSといった高級メーカーなどのホイールは高値で買取してもらえることがしばしば。

フレームのゆがみなどが生じてしまえばマイナス査定になってしまいますが、ホイールは基本的にインチアップしているほうがプラスに働きます。

当たり前ですが、大きいホイールのほうが値ガンが上がりますから、買取額も比例して上がるためです。

 

エアロパーツはプラス査定になる?

エアロパーツを付けている人もいるでしょうが、エアロパーツは買取る中古車業者によって変わってきます。

ただし当たり前ですが、状態がいいということが前提です。破損しているものは基本的にゴミ扱い。

車体の色とあっていて状態がいいものは、そのまま販売に回す業者もいるため、プラスに働くことが多いです。

逆にエアロパーツを外して販売する業者もいます。その際、純正バンパーなどに穴あけされている場合は車自体の査定価格がマイナスに働くこともあります。

エアロパーツは非常に好みが分かれますから、一括査定などを利用する場合は備考欄に「エアロパーツ有り」と記載しておきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー