ホーム » 査定のワンポイント » 外車の買取価格は高い?安い?どっち??

外車の買取価格は高い?安い?どっち??

読了までの目安時間:約 3分

 

外車に乗られている方もいると思いますが、実際国産車と比べて買取額はどうなのでしょうか?

外車は国産車よりも販売価格も高いですから、やっぱり買取額も期待している方もいると思います。

ですが、残念ながら国産車に比べ外国車のほうが買取額が低いことが大半です。

 

ではなぜ外国車の買取額は低いのでしょうか?

 

外車の買取額が低い理由

 

外車の買取価格は基本的に安いです。はっきり言うと、外車は国産車に比べて人気がありません。

最近は外車も日本に定着してきましたが、それでも乗る人を選ぶ車です。

 

外車が人を選んでしまう理由は、やっぱり維持費ですね。

車両料率によって変わる自動車の任意保険。盗難や故障のリスクの高い外国車は任意保険が高くなることが国産車よりも高くなることが多々あります。

また外車は日本車に比べ燃費効率が多いこともありますが、ハイオクを指定されている場合もあるためガソリン代も高くなってしまいます。

 

そして一番ネックなのが修理費用。

外車は国産車に比べて故障しやすいというイメージを持たれている方も多いと思いますが、実際そういった傾向にあるようです。

そして外車は故障してしまうとその修理費用が非常に高くなります。

ちょっと年式が落ちると、部品がなくなることも多く生産国から取り寄せしなければなりません。そうなるとどうしても費用は掛かってしまいます。

 

それに不随して車検費用も高くなってしまいます。

法定費用は排気量によってきめられており、外車は排気量が多いため高くなってしまうことがよくありますが、上限が決められているため驚くほどということはありません。

しかし、整備や修理を行うための「点検整備費用」は部品を取り寄せるケースも珍しくなく、国産車に比べて5倍以上の費用が掛かることも多々あります。

 

近年日本では、国産軽自動車に乗り換える傾向が非常に強く、外国車の販売台数も芳しくありません。

ですから外国車を高く買取してもらうにはしっかり査定を集め、販売ルートをしっかり持っている専門業者へ売却しましょう

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー