ホーム » 売却の基礎知識 » 車の売却後のキャンセルについて

車の売却後のキャンセルについて

読了までの目安時間:約 2分

 

車を売ると決めた後キャンセルをしたくなった場合は結構車売却時のあるあるです。

「他の会社のほうが査定が高かった」「やっぱりもう少し乗りたくなった」などなど理由は様々あると思います。

 

査定を取った時点ではキャンセルすることはできます。売却契約前であればまったく問題ありません。

問題は売却契約を交わした後のキャンセルですよね。

 

売却契約後のキャンセルは、基本的には可能です。

ただ売却キャンセルができるかどうかは業者やタイミングによって異なります。

 

契約直後であればまだキャンセルができる可能性が高いですが、既に車自体が引き取られてしまったということになると、車を移動するために必要になった費用をキャンセル料として請求されることが多いでしょう。

 

また車が既に展示されていて販売の準備に入っているという段階になると、キャンセルが難しいケースも出てきます。
ましてやすでに買い手がついているということになってくると、残念ながらキャンセルはもうできないと言われてしまう可能性が高いと言わざるを得ません。
ただもしも買取業者側の不備、例えば告知するべきことをこちらに伝えなかった場合や無断で買取価格から諸経費などを差し引いたなどの事情があるのならば、それは買取業者側の落ち度があったわけですから売り手の都合でキャンセルすることは可能でしょう。

 

しかしその場合であってもすでに車が引き取られているということになると弁護士などの力を借りなくては車を取り戻すことができないケースもあります。
そのため車を売却する際にはさまざまな条件を細かく確認し、間違いなく納得が出来た時に初めて契約書にサインすることを心がけてください。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー