ホーム » 査定のワンポイント » 喫煙車の査定額は安くなるのか?

喫煙車の査定額は安くなるのか?

読了までの目安時間:約 3分

 

最近はずいぶん喫煙している方も減りましたね。

以前はタクシーでもたばこを吸えましたから、ずいぶん世の中も変わりました。

ただあくまでも愛車は自分の空間ですからたばこを吸っている方もいると思います。

 

ですが車内で喫煙している場合売る時にちょっと大変。喫煙車の査定額というのは、必ずマイナスとなってしまいます。

その理由としてはタバコの臭いが気にならない人はいても、タバコの臭いがしている車が好きという人はいませんのでプラスになることはありません。
逆にタバコの臭いがする車はその時点で購入対象から外れてしまうという人もいるぐらいなので、マイナスになることはあってもプラスになることはないのです。

 

喫煙車の査定対策

タバコの臭いは本人が思っているよりも不快なものであることが多いため、査定額にも影響が出てきてしまいますが、その影響を最小限に抑えることは不可能ではありません。

 

まず一番気になるにおいです。

査定に出す1週間か2週間前に消臭をしておけば、臭いも最低限に抑えることができ査定の減額も少なくすることができます。

消臭剤などをふりかけたり車内においておくことはもちろんのこと、天気の良い日にドアを全開にして日光に当てるといった方法でも臭いは消すことができます。

 

またエアコンからにおいがすることも多いため、エアコンのフィルターを交換したりエアコンを掃除してみるのもいいと思います。

エアコンの清掃は自分でもできますが、オートバックスなどでもリーズナブルな工賃でやってくれます。

 

続いてはヤニですね。

中性洗剤をぬるま湯に溶かし。ヤニが気になる天井部やシートに吹きかけて雑巾などでこすると結構落ちてくれます。

重曹を使うのも効果的。価格も安価ですし手に入りやすいのでおすすめです。

 

中には車屋で天井を外し、高圧洗浄機を使って掃除してもらう方もいるそうですが、査定分のマイナス以上に工賃がかかるのでやめておくのが得策です。

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー