ホーム » 売却の基礎知識 » ローンが残っている車の売却方法

ローンが残っている車の売却方法

読了までの目安時間:約 3分

 

車のローンがまだ残っているのに、違う車に乗り換えたくなった場合どうすればいいのでしょうか。

 

その車は売ることができるのでしょうか。結論から言いますと、可能です。

 

まずは、ローンの加入先が銀行などの「金融機関」か、「信販会社」なのかをチェックしましょう。それによって方法が変わってきます。

 

車には所有権があり、売却する際には所有権が自分である必要があります。

車検証に、所有者の氏名か、名称が記されているので確認してみましょう。

 

銀行などの金融機関が借入先の場合、名義は購入時から購入者様になります。この場合ローンが残っていても特別な手続きがなくても売却できます。

 

ですが、信販会社が借入先の場合、所有権は信販会社にあります。その場合、ローンを完済して所有権を信販会社などから自分に変更する手続きをすれば売却できます。ですが、ローンを完済するためのお金がなくて、売れない…そんなお悩みをお持ちの方も多いはず。

 

そんな時は「中古買取専門店」を利用します。中古買取専門店には、ローンが残っていてもスムーズに売却できる便利なサポートが用意されているのです。まず、ローン残債サービスです。ローンが残っている車を売却し、残債額を上回る額の場合、買取専門店が一括返済をし、残ったお金が手元に支払われるサービスです。

 

また、売却した額が残債額を下回る場合、不足分を買取専門店に支払います。それができない場合でも、買取専門店で新たにローンを組むことができるのです。また、ほとんどの大手買取店では、面倒で厄介な手続きなどを代わってしてくれる「手続き代行サービス」を無料で実施している場合が多いので、めんどくさいことは一切なしで車を売却できるのです。

 

このように、所有権が自分にないローン返済中の車でも中古買取専門店では売却のサポートをしてくれるので、手間なく売却ができるのです。売却を考えている方は一度相談してみてはいかがですか。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー