ホーム » 査定のワンポイント » バッテリーが上がっているけど売却額に変化はあるのか?

バッテリーが上がっているけど売却額に変化はあるのか?

読了までの目安時間:約 3分

 

車の査定では必ずしも自走できなければ買取をしないという事はありません。

極端な話、不動車や水没車であっても買取してもらうことは可能です。

 

では車が動かない場合にはどんな原因は何があるのか?

車が動かない原因として最も多いのが。最も多いのがバッテリーの問題ですね。

何らかの事情でバッテリーが上がっていても、他に悪条件がなければバッテリー上がりの大したマイナス評価になることもなく買取してもらうことはできます。

 

ただしバッテリー上りはその他の原因を疑われることも

しかし、バッテリーが上がっていると車自体に何らかの不具合があるのではないかと疑われ、査定に時間がかかるケースがあります。

漏電するようなことは最近の車ではありませんが、電気系トラブルはちょっとしたことが原因で起こりえますし、いざ故障となるとハーネス系の部品をユニット交換となることか多く、修理費用もかさむのです。

ですから買取店の査定士としても万が一他に問題があった場合を想定して思い切った評価ができませんし、オークションに出してからクレームが付くことに対する警戒心も働きます。

また場合によっては上記の理由を引き合いに出され、安値の言い訳にされてしまうこともないとは言い切れません。

 

バッテリー上りは交感して査定に!

単なるバッテリー上がりなら、大きなマイナス要素にはならないと思われますが、変に疑われて不当に査定額を落とされてもつまらないです。

ですからバッテリーが上がっている場合は、査定をしてもらう前に、安いものでいいのでバッテリー交換をすることをお勧めします。

 

バッテリーは安いもので5000円~ほどで売られています。オートバックスではプラス500円程度で付け替えも行ってくれます。

ただバッテリー交換は、自分でも簡単に行えます。

エンジンを切って電装アクセサリーをOFFに切り替え、ボンネットの中にあるバッテリーのケーブルをスパナで「マイナス→プラス」の順で外し古いバッテリーを新しいバッテリーに交換。

そして新しいバッテリーに「プラス→マイナス」でケーブルをつなげるだけです。

 

万が一のために、ゴム手袋や保護メガネは必須ですが、百均でかえますのでネットで安いバッテリーを買って付け替えるのも一つの手です。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー